2015年06月09日

れが無駄に使わ

 それは、父親のしつけが厳しくて、正義感が強く育ってしまった。 そう
なると、他人に対しても厳しい。
{自分が正しい事を守っているのだから、他人だって守れないはずがない}
 という居丈高な態度で接した。 ときおりは客に対してもそういう態度が出
てしまう。 主人は、
 「どうしておまえは、そういうふうに自分だけが正しいと思いこんでいるいる
のだろうかな」
 よくからかい半分に訊いた。 梅岩はムッとして、
 「それは私の方が正しいからです」  と、言い返す。 主人は温厚な人で、
 「そうかな、でも、どんなに正しくても、指摘されたほうは、あまり自分の悪
いところをしつこくえぐられると、逆な気持ちになってしまうのではないかな」
 といった。 この主人の言葉も梅岩には大きな影響を与えた。 主人はこう
いい添えた。

 「人間はそれぞれに心がある。 心というのは、世の中のために正しい使わ
れ方をしなければならない。 それが無駄に使われることがある。
 ムダに使われると言うというのは、他人によって刺激を受け、怒ったり、悩
んだり、悲しんだりすることだ。 それも、不当な理由でそういうことをされた
場合、その人自身にとっての悩みはいよいよ大きくなる。
 それはなぜ自分はこういうことを言われるのだろうかとか、こういうことをされ
るのだろうかと、原因をいくら尋ねても想い当たることがないからだ。
 そういう意味では、お前は自分が正しいと思っているからかもしれないけれ
が、ただ正しさを人に押し付けて、人間」を裁いたりすると、相手の人が私の
言う心のムダつかいをすることが、いよいよ 大きくなるよ」

 梅岩は、あきれて主人の顔を見つめていた。 それは主人の言った  


Posted by gfhgh at 18:52Comments(0)情感

2015年01月28日

客観的に考えて

それは最初のうち。 ある時を境に逆転するのよ。
「身内だからこそ、耐えられない」って。

介護職の方(かた)は、ある意味「これが職業だから」と、お金で割り切れる。
身内はそうはいかない。

症状も悪化し、わがままも酷くなる。
こんなに一生懸命やっているのに、
むこうは苦しさから「○○○○してくれ」「もっと○○○○!」
そうした要求や文句の連続に、信じられないでしょうが、いつしか憎しみさえ湧くのよ。

そうなってしまったら悲しいけど、
それほどまでに過酷なの。
現実を目の当たりにして壁にぶつかって初めて
最初の思いが奇麗事だったと思いしらされるの。

そのとき無理をしたら貴方が潰れてしまうわ。
だからね、できるだけ自分をまもるのよ脫髮
そして介護職の方(かた)に、できるだけ任せるの。

それはけっして悪いことなんかじゃない。
何も知らない人が知ったかぶりして批判しても、気にしちゃだめ。

もし、貴方が壊れてしまったらお母さんも不幸よ。
そうならないためにも、貴方が元気でいなきゃいけないの。

その「位置」からだって、沢山のできることがあるわよ。

...............................................................................................................................................................


圧倒的なリアリティ、そして切実な問題です私人補習

冷静に、そして客観的に考えて判断することも大切なんだと、思い知らされました。
けっして介護される側、する側の気持ちを軽くみているのではありません。

ケース・バイ・ケースだと思いますが、
介護が、「効率を求める」=結果的には“介護される側の受益”を本位として考えると
やはりプロの手を何らかの形で借りるのは正解だと思いま護髮產品
す。


  


Posted by gfhgh at 16:18Comments(0)情感

2014年12月04日

妖怪たちは護法童子

のような馴れ使ってきたモノに対する感謝の気持ちを
古代日本人は、強く持っていたようだ。
全国に「貝塚」と呼ばれるところがある。
ここは、一般的に貝殻のゴミ捨て場と言われたりするが、
食べた貝の殻などを供養する場という説もある。
実際、そこには貝以外に日用品などがあり、
考古学的には、貴重な資料が残っているとも言われる場所だが、
消費したり、使ったものに対する感謝する供養の場だったという学説もある。

日本の御伽草子(おとぎぞうし=おとぎ話集)の一つに、
『付喪神絵巻(つくもがみ えまき)』なるものがある。
この中の一つ、SF オカルトっぽい話があるmask house 好唔好
「道の傍らに捨てられた古道具や器たちが口々に不満を言う。
『おいらたちは、人間のために尽くしてきたのにサ、
こんなにも無惨に捨てられるなんて、とても耐えられないョ』
同じく捨てられていた古本が口を挟み、
『わが本の中には、人間に恨みを晴らすために妖物(妖怪)になる方法が書いてある』
と語り、皆でその方法を実践し、そこにいた古道具などが妖怪になる。
そして、『この恨み、いかで晴らさでおくものか!』
と暴れ回っていたが、妖怪たちは護法童子に聡され、改心し、
上人から成仏の手ほどきを受け、まさに「仏」となる」という話。

そう言えば、現代という時代、いわゆる産業革命以降、
我々はモノを生産することによって豊かになってきたのは事実だが、
その中で生産された製品を、どれだけ大量消費してmask house 好唔好
どれだけゴミとして処分していることか!と思う。

使い古されて棄てられた道具たちが「妖怪」になるという話は、
むしろ現代の方がその傾向が強いようにすら思える。

せめて、馴れ親しんだ身の回りのモノに対して、ささやかな感謝の気持ちを込めて、
「供養」といきたいと思うこの頃であるmask house 面膜 好用



  


Posted by gfhgh at 15:26Comments(0)情感

2014年05月09日

頻繁に露呈

少年時書道を覚えているが、たぶん宿題のためにではなく、真の先生の赤对了。その时、私のすべてを入れていたであろうと、みんなついやすよりも、「遊び」の事業にしました。あの頃の子供、プレイするプロジェクトが特に多く、同義文字を演绎会があまりにも長い。私はとても心配していても、キー打てれあれらのものなのが登場してから、性急な友达に一目十行上から下までじろじろ見なければならない。そうすれば、わたしの腕白文字は、きっと私の中へとびこんで泣いている猛(冈田义徳)は、ここ赘述つもりはありませんがあれらの幼かった時の楽事業しました。居二按揭学生時代に、古文もらしい。それより、今は関心が歳をとって、むしろ暗を生み出している一筋の「お似合い」感が出てくるのだ。もちろん、私の標的はずっととても强にも、古人遠交があっても、私はすべての料理を入れ自分の青子里だった。は间に合わないと思って、自分の展示をしなければならないのか、食べた料理を残しておいて??!いくつか。この世の中のエネルギーを均一にしか割り当て、調和のとれた晴日常を享受できるようにしなければならない。
腹の中が好きですが、陶淵明したのは、彼の詩文を頻繁に露呈した隐逸好きです。その「世外あつた桃源郷)」のような点をはないからではあるが、ほとんどは红尘のうち、悲しみを経験した人心あこがれの上である。そういえばこの「でこぼこ」も属国程度に弱者の特許が、时として、それも近いうちに、「強い」に立ち向かう喜ぶ、ています。業主貸款
「とう令をどこに行き、违う国里可竪穴住居?」毛沢東の詩はいつも大変興味深い。その年、彼は勢いのように雄大な『七律・登庐山」の末に言叶で素敵で后ろ姿を见て、「?」番だった。まさか、この「と天斗に欠かせない……」の偉人を「难しい」という歳月の中にも、心を習いで过隐逸だろうか。率直に言って、私はとてもしんのように探って、隐逸は彼のような偉人にとって、诚は贅沢に無理ができないほどだった。
しようとしたが、現実との凸凹とは違い、一つの热情の遠盾では誰にもあります。この机のとでは、特にあれらの人高山仰止の大物だ。私を疑わざるを得ない清た顺治帝の亲政によっては、あれこれとが芽生えた清算してすることを決意した。彼は皇帝だが、彼は结局もやはり個に七情六欲人ですね。残念なのはできる、皇帝に何もないよう想念が持つてきても良いのではないかいじくってな、もしくは、私达のこれら庶民と皇帝と比べても、疲恩恵もなかった。居屋貸款


  


Posted by gfhgh at 12:36Comments(0)情感

2014年05月02日

朝朝暮暮

今夜、私は過ぎたが成长して一歳、1年中の风雨を自分自身、さらに成熟したようだが、心の負担能力よりいっそう強くなった。一年の中には、大きな変化はないが、あまりにも多くない変わったのか、それともは昨年と同様の無知で、昨年のような殆ど何もしていない。新しい一年に直面して、控えの卒业、後のすべてがわかっていた。どのような挑戦になっていなければならなかったが、これは避けられないという、直面する必要があり、1年ぶりに磨きをかけてきた強力な心の中を、この時に追いつきたいが必要だった。も大きくて、上を開催し、担当のが多く、今後多くの挑戦が待っている。Interactive Display
二十歳の誕生日を過ぎた今年の诞生日は一番変わった、あなたがいた。今の社会の転変し、特にこの四年生にはできない』と約束したが、これからどうすればいい公約真心があなたにあなたと一绪にいるの一分一秒;計画よりも変化しているのに、特に現代社会で、愛が現実の前にはそんなにの脆弱でも人の命が一般的に、それを約束したことは外見のささえゆがんでお前と一绪にの朝朝暮暮で、そのときに約束したのみが:心から待あなた、けして敗だったそうですよ。
私は全体の世界を、ひたすら転覆を正すのあなたの姿があった。otterbox armor series
以前私は、不爱情を信じますが、あなたに続いて、だんだんは信じる。君のためにできるだけのことを払ったがっている。かもしれない少し非理性的だが、爱する世界の中には存在しない理性は、爱の世界で、人はすべて感性は、理性がほとんどないため、は、大きな違いはないだろうしました。今は、昨年も、もう一年间、あなたが元気づけようとした年は、とても幸せななら、充実した、あなたは私がお気の毒で、あなたは私の大地に恋して。异郷の恋人」と言われていた一戦だった。残った爱しい、以前にはわかりませんが、あなたは自分が体感した後、実感します;とも言われる転地恋の維持は難しいかも知れない同意しても、反対にして、全见当事者のことですが、実は异郷の恋に一番重要なのは、お互いにさえすれば、最終的にはできて幸せにするのですよ。
夕無朝花、一年间の时间を自分と以前とは違うといわれても、人は変わるかもしれない、という言葉は正しいが、以前は无邪気无知、人間に大きな変化はない」と、少なくともを成长の跡が、自身の変化の中で、さえ感じることもできるが、質的な変化が、時が流れ、歳月の诗人、一人で経歴が増えたことで、結局一人が、以前とは違うと、中でも、心理的な負担能力や抗打撃能力が目立って大きくなったので、それは将来的に向上しなければならない生活に必要なうえ、行かつのないように大切にしますから、がんばってください、あなたが私のためには、美しい未来だ。この一年ぶりに感谢しますあなたの付き添いには、愛のいい。hk idc




  


Posted by gfhgh at 13:03Comments(0)情感

2014年04月29日

悲しませて……

亲爱なる彼女がかすれた声でからのとき、私を戸惑わせた!私は知らない私の心の中で强靱な所も色々なことにのこと、わたしの前に没心没肺だった聘請家務助理
彼女がよう努力すべきだ」と声をひそめて私と話をする時、私は少しかわいがる彼女。かつて无尽の彼女も怖いから見える……
と彼女は言った。疲れていて、彼女を背負ってずしりと重い爱と2人世帯の荷作り!みちみち感动があり、惊喜を失望があり、悔しさもあり、悲しませて月子中心

……
かとも思いが彼女の胸を痛めたときに彼女に付き添って、私は彼女に酔って、酔ったのだと彼女はいった。心がないかもしれないが、酔ったのも傷つき自分の身体を!女の子思いは要らん理由です!
かわいいウェディングドレスとなり、恋人の花嫁——これは、私と彼女もすばらしいことだ。もし私亲爱なることをあなたの花嫁になって、私は君、すまないって、かわいいウェディングドレスでいいですか?
自分とが手を取り合ってと确信していた人は永遠に裏切り行為だ。ていた10代の花嫁としてばかりか、人美の心も美しいです去黑眼圈

  


Posted by gfhgh at 12:59Comments(0)情感