2015年05月26日

う話を家から聞か

心ついたころから親に大変厳しくしつけられました。子供らしく振舞うことができなかったんです。いつも大人のように人と接しなくてはなりませんでした。友達もあまりいなく―ーあたりまえですよね、いつも大人みたいにふるまう子供と遊びたいなんて思う人はいませんよ――学校が終われば一人で家の中で過ごすことがほとんどでした。やりたいことも出来ず、反対にやりたくもないことを押し付けられてつらかった。なのに妹の修子や弟は自分のしたいように生きて、それでも叱られることがほとんどありませんでした。そして一番嫌だったのがきょうだいの手本となるようにと言われて勉強ばかりさせられたことでしょうか、でも私そんなに頭は良くなかったので手本になれはしなかったんですがね。ずいぶん叱られましたよ、『お前はそれでもこの家の長女か』ってね。妹たちはそんな私を見て陰で嗤っていたみたいです。出来の良い修子と比べられたことだってあります、あれは本当に嫌ですねえ。

それに『苦手なものがあってはいけない』とも言われましたし…。

そんなことをされているうちに私の心から温かい感情がどこかに消えて行ってしまったんです。

人を思いやるとか助けるとか、そんな感情が日に日に薄くなって、それは自分でも怖いことでした。でも自分ではどうしようもなかった湖色約人…。

人並みに友人と遊びに行きたい、それもだめ。絵をかきたい文章を書きたいそれもだめ、だめだめ尽くしのそんな私が希望を見出したのが「海軍兵学校」への入学でした。海軍に入ってこの家から、親兄弟から離れられたらあるいは本来の自分が還って来るんではないかと思いましてね。ええ、兵学校に何とか入れました。でもハンモックナンバーは下の方でした。でも私はそれでもよかった、自分らしく生きて行けることができたんですもの、これは人生で初めての壮快な体験でしたよ!

そのうち修子がやはり私の後を追うように兵学校に入ったという話を家から聞かされ、正直逢いたくないなあと思っていました。修子の方が頭はよくきっとハンモックナンバーも上でしょうし、またそこで比較されるのは嫌ですもの。

で、これまでずっと修子と逢わずに来ていたんですが今回とうとう。reenex

久しぶりに見た修子はうわさに聞いていたようにラケットを振り回してバカみたいなことを言って、皆様にはとてもご迷惑なことでしょう。人を馬鹿にしたようなあの態度も治っていないし。

それを目の当たりにしたら腹が立ってしまって、みなさんにはみっともないところをお見せする羽目になりました。

本当に…ごめんなさい。そしてありがとう、私の話を聞いてくださって。感謝します――reenex




  


Posted by gfhgh at 12:40Comments(0)生活纪实

2015年04月10日

顧問税理士に確認

昨年の11月21日のブログ「ベンツを買う」では、中古車での節税を述べました。

そのブログの終わりの方で、
「あとメルマガでは、『定率法を使えば償却率が1.000なので、1年で全額償却できる。』ともありましたが、これ本当ですか。定率法で2年だと『0.684』なはずなので、丸々は無理だと思うのですが、何か裏技があるのでしょうか。
それとも、私が何か勘違いしているのでしょうか。だれか教えてください。」
と書いておりましたが、誰も教えてくれませんでしたので、顧問税理士に確認したところ、やはり、1年で償却できるそうです。
疑ったようでどうもすみません。
reenex cps
ということで、4年落ちの中古車を節税のために買いたいと思います。

2月に自爆したBMWは、無事保険により修理がおわりました。Reenex 好唔好
入っていてよかった車両保険。
入ってなければ、修理代で安い中古車が買えるくらいでした。
エンブレムもついて、復活。

タイヤが曲がってまっすぐ走らない上に、エンブレムがない間抜けな顔をしたBMWは、みさパパさんに見られてしまいました。reenex cps

  


Posted by gfhgh at 11:28Comments(0)生活纪实

2015年02月13日

自分の家が火事


あなたは優しいから、

「それに比べたら、私の問題なんて…」

と言うかもしれないけれど。



どうか、そんな風には思わないで欲しい。



顔も名前も知らない人がどうなろうと、知ったことではない。

対岸の火事は、やっぱり対岸の火事なのだ。



その火を消せないと、嘆くよりも。

自分の家が燃えていることに気づいて欲しい。



対岸の火事は大きくて、

あなたの家はボヤだから大丈夫?



そんなことはない。

ボヤも放っておけば、いずれ大火事になってしまう。



だからまず、

自分の家が火事だということに気付き、

その火を消して欲しい。

その後、

それでも対岸の火事を消したいというのなら、止めはしない。



あなたの大切な人も、同じ岸に住んでいる。

あなたが火を消さなければ、

その火は延焼し、やがて周りも巻き込むことになる。



だから、自分のためにも、自分の大切な人のためにも。

お願いだから、  


Posted by gfhgh at 18:28Comments(0)生活纪实

2015年01月09日

美輪明宏さんの「愛の

男が寝る時間以降は録画して、元旦になってから3人で見ました。
長男が楽しみにしていたのは、連続テレビ小説「マッサン」卓悅の主題歌、中島みゆきさんの「麦の唄」です。
月曜日~土曜日の放送のたびに歌い、テレビから流れていなくても歌いと、大好きな曲です。
そして流れた「麦の唄」を初めてフルで聞いた長男、普段流れている1番の部分以降は歌詞を知らないはずなのに、中島みゆきさんの後にくらいつくように歌詞を追い続けていました。
最後に中島さんがエリー役のシャーロットさんとマッサン役の玉山さんと握手を交わす場面を見ながら、長男、
「いいうただねぇ」とご満悦でした。


そして、その次に流れてきたのが、美輪明宏さんの「愛の讃歌」でした。
これも、朝の連ドラ「花子とアン」に出てきた名場面の中で歌われた曲だったのですが、
長男、硬直!
テレビ越しに聞いても家をズシリと揺らすような歌声は、長男にとっては、怪談話で流れる「ヒュードロドロドロ~」のような音に近かったのかも知れません。
こういう歌声に感銘を受けることになるのは、まだまだ先になりそうです。


個人的には、「麦の唄」と、椎名林檎さんの「NIPPON」がとてもよかったです。
紅組と白組の勝ち負けについては、AKBグループがあれほど登場してしまう間は、ずっと白組が勝ち続ける気がします織髮




  


Posted by gfhgh at 16:18Comments(0)生活纪实

2014年11月14日

一歩後を出口に向

ほう、確かにベンツです。箱の窓からメタリックシルバーのベンツの車体が見えます。リモコンカーのようです。
 「ね?ベンツ!」
 息子は、目を大きく見開いて、にこにこしました。
 「本当だ、ベンツだな日本自由行。」
 僕も、なんだか嬉しくなって、にこにこしました。
 「見張っててね!フジ、ともだちとほかの屋台に行くから、ね?ね?花火が始まったら戻ってくるから、ね?ね?」
 「わかった、わかった、行って来い、見ててやるから。」
 いかなベンツといえども、リモコンの自動車で、-言ってみれば『おもちゃ』ですから-、手放しに喜ぶような年齢かいな、と少々不安に思いながらも、息子の指示に従うことにしました。
 
 暫くのち、花火が終わりました。
 祭りはまだ続きますが、さい君の目的である花火も終わっちゃったし、息子のお友人達も帰るみたいだし、そろそろ我々も帰ろう、ということになり、ビニールシートを畳んでゴミを捨てて、帰宅の途につくことにしました。
 「パパ、重たいからベンツ持って。」
 息子は景品を抱えて歩くのが困難と見えて、僕に再び指示しました。ふむ、重さはそうでもないですが、さすがに半身の大きさがあると、彼が抱えると人間の姿が殆ど隠れて、景品が歩いているようです。これで人混みの中を歩くのは不安と見えます。
 僕は、景品を持ってやりました。
 「落とさないでね。」
 わかってます、わかってます。僕は自分の体で押しつぶしてしまわないように、フィルム窓の部分を外側に向けて、丁寧に景品を胸に抱え、さい君と息子の一歩後を出口に向かって歩き始めました。
 ちょうど花火が終えたのを境に、多くの人が祭りを後にし始めています。一気に狭い出口に向かった大勢の人の流れは、出口で暫時大渋滞を引き起こしました。
 いやあ、大混雑だな、みんな非日常に飢えてるわけか、それにしても、普段こんだけの人がこの小さな街のどこに・・・・・、と僕が心の中で呟いていると、どこからか
 「すんげえ人だな、東大立目じゅうの人が全員出てきているんじゃないの?」
 という大きな話し声が聞こえてきます。やあ、わが意を得たり、二の句を告げてくれたな、と僕は声の出どころである前方へ軽く目を遣りました脫髮治療
 その時です。
 「ん??」


  


Posted by gfhgh at 15:58Comments(0)生活纪实

2014年09月29日

実は日常のな

今回で言えば、「雑談」にししようか、「カクテル」にしようか
「感想」にしようかと思い悩んだ末、結局「雑談」にしました德善健髮


「雑談」はあくまで「雑談」なので、つまりジャンクボックスと同じで
なんでも詰めこんでおけるということです。
すなわち、頭を使ってあれこれ思い悩む必要がなくなるわけです。


さて、たまに、こんな「運命の出会い」の雑談がありますね。
つきあっていた彼氏は、実はずっと前に出会っていた人だった。
という、まあセンチメンタルなお話です。

上にあげたのは恋愛話なので「よくあることではない話」に
たとえられますが、実は日常のなかでは「よくある話」では
ないでしょうか。

今回の私の例でいえば、それは一冊の小説でした。
脫髮

スティーブン・キングの「スタンド・バイ・ミー」です。

私はお酒(ウイスキー)が好きなので、ひとりでバーに出かけます。
・・・といっても、バーはお金がかかりますので、気軽に行けません。
私がバーに行くときには、一応のルールがあります。

ルール
-----------------------------
①予算は1万まで
②基本は5杯で切り上げる
③行くのは土曜日
-----------------------------

③番は、単純に翌日ゆっくりできるからというのが理由ですが、
いつも行くバーが日曜日休みというのも一因です中醫頭髮護理


まあひとりでバーと言っても、単純にいいお酒を飲んで
ジャズを聴いてゆっくりして帰ってくるだけなので、
とくにお伝えすることもないです。

マスターと話をするときもありますし、座った場所や
他のお客さん次第で、ひとりで飲んで帰ってくることもあります。

  


Posted by gfhgh at 13:43Comments(0)生活纪实