2014年09月29日

実は日常のな

今回で言えば、「雑談」にししようか、「カクテル」にしようか
「感想」にしようかと思い悩んだ末、結局「雑談」にしました德善健髮


「雑談」はあくまで「雑談」なので、つまりジャンクボックスと同じで
なんでも詰めこんでおけるということです。
すなわち、頭を使ってあれこれ思い悩む必要がなくなるわけです。


さて、たまに、こんな「運命の出会い」の雑談がありますね。
つきあっていた彼氏は、実はずっと前に出会っていた人だった。
という、まあセンチメンタルなお話です。

上にあげたのは恋愛話なので「よくあることではない話」に
たとえられますが、実は日常のなかでは「よくある話」では
ないでしょうか。

今回の私の例でいえば、それは一冊の小説でした。
脫髮

スティーブン・キングの「スタンド・バイ・ミー」です。

私はお酒(ウイスキー)が好きなので、ひとりでバーに出かけます。
・・・といっても、バーはお金がかかりますので、気軽に行けません。
私がバーに行くときには、一応のルールがあります。

ルール
-----------------------------
①予算は1万まで
②基本は5杯で切り上げる
③行くのは土曜日
-----------------------------

③番は、単純に翌日ゆっくりできるからというのが理由ですが、
いつも行くバーが日曜日休みというのも一因です中醫頭髮護理


まあひとりでバーと言っても、単純にいいお酒を飲んで
ジャズを聴いてゆっくりして帰ってくるだけなので、
とくにお伝えすることもないです。

マスターと話をするときもありますし、座った場所や
他のお客さん次第で、ひとりで飲んで帰ってくることもあります。

  


Posted by gfhgh at 13:43Comments(0)生活纪实