2014年11月14日

一歩後を出口に向

ほう、確かにベンツです。箱の窓からメタリックシルバーのベンツの車体が見えます。リモコンカーのようです。
 「ね?ベンツ!」
 息子は、目を大きく見開いて、にこにこしました。
 「本当だ、ベンツだな日本自由行。」
 僕も、なんだか嬉しくなって、にこにこしました。
 「見張っててね!フジ、ともだちとほかの屋台に行くから、ね?ね?花火が始まったら戻ってくるから、ね?ね?」
 「わかった、わかった、行って来い、見ててやるから。」
 いかなベンツといえども、リモコンの自動車で、-言ってみれば『おもちゃ』ですから-、手放しに喜ぶような年齢かいな、と少々不安に思いながらも、息子の指示に従うことにしました。
 
 暫くのち、花火が終わりました。
 祭りはまだ続きますが、さい君の目的である花火も終わっちゃったし、息子のお友人達も帰るみたいだし、そろそろ我々も帰ろう、ということになり、ビニールシートを畳んでゴミを捨てて、帰宅の途につくことにしました。
 「パパ、重たいからベンツ持って。」
 息子は景品を抱えて歩くのが困難と見えて、僕に再び指示しました。ふむ、重さはそうでもないですが、さすがに半身の大きさがあると、彼が抱えると人間の姿が殆ど隠れて、景品が歩いているようです。これで人混みの中を歩くのは不安と見えます。
 僕は、景品を持ってやりました。
 「落とさないでね。」
 わかってます、わかってます。僕は自分の体で押しつぶしてしまわないように、フィルム窓の部分を外側に向けて、丁寧に景品を胸に抱え、さい君と息子の一歩後を出口に向かって歩き始めました。
 ちょうど花火が終えたのを境に、多くの人が祭りを後にし始めています。一気に狭い出口に向かった大勢の人の流れは、出口で暫時大渋滞を引き起こしました。
 いやあ、大混雑だな、みんな非日常に飢えてるわけか、それにしても、普段こんだけの人がこの小さな街のどこに・・・・・、と僕が心の中で呟いていると、どこからか
 「すんげえ人だな、東大立目じゅうの人が全員出てきているんじゃないの?」
 という大きな話し声が聞こえてきます。やあ、わが意を得たり、二の句を告げてくれたな、と僕は声の出どころである前方へ軽く目を遣りました脫髮治療
 その時です。
 「ん??」


  


Posted by gfhgh at 15:58Comments(0)生活纪实