スポンサーサイト

上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  

Posted by スポンサー広告 at

2015年02月13日

自分の家が火事


あなたは優しいから、

「それに比べたら、私の問題なんて…」

と言うかもしれないけれど。



どうか、そんな風には思わないで欲しい。



顔も名前も知らない人がどうなろうと、知ったことではない。

対岸の火事は、やっぱり対岸の火事なのだ。



その火を消せないと、嘆くよりも。

自分の家が燃えていることに気づいて欲しい。



対岸の火事は大きくて、

あなたの家はボヤだから大丈夫?



そんなことはない。

ボヤも放っておけば、いずれ大火事になってしまう。



だからまず、

自分の家が火事だということに気付き、

その火を消して欲しい。

その後、

それでも対岸の火事を消したいというのなら、止めはしない。



あなたの大切な人も、同じ岸に住んでいる。

あなたが火を消さなければ、

その火は延焼し、やがて周りも巻き込むことになる。



だから、自分のためにも、自分の大切な人のためにも。

お願いだから、  


Posted by gfhgh at 18:28Comments(0)生活纪实